敏感肌の人のファンデーション選び

 

敏感肌の人は化粧品選びが慎重になりますよね。
この商品が気になるけれど私の肌に合うかななどと悩みがちです。

 

そこで敏感肌の人のファンデーション選びについて考えたいと思います。
そもそも敏感肌とはどういった肌のことでしょう。

 

敏感肌とは刺激により反応が起きやすい肌で、刺激により荒れやすかったりかゆみがあったり赤みが出たりします。
これは肌のバリア機能が低下して刺激を受けやすい状態になってしまっているのが原因だと言われています。

 

なので出来るだけ肌に刺激を与えない、負担をかけないファンデーション選びが重要になります。
ちなみに肌に負担をかけたくないからファンデーションはやめますというのは間違いです。

 

ファンデーションは紫外線やその他の外的刺激から肌を守る役割をしてくれる重要なものだからです。
ではどのようなファンデーションを選んだら良いのでしょう。

 

ファンデーションにはルース・パウダー・リキッド・クリームなどの種類があります。
ルースはサラサラの粉状、パウダーは粉末を固めたもの、リキッドは液状、クリームはクリーム状など形状が違います。
リキッドやクリームはカバー力はありますが肌への負担も大きいです。

 

なぜなら液状のものは油分が多くその油分を保つために防腐剤などの添加物も多めに配合されているからです。
そしてそれらを落とすクレンジングの行為がより肌への負担を大きくしています。
ファンデーションだけを落としたいのに肌の潤いまで奪っていってしまうのです。

 

それに比べてルースやパウダーはカバー力は落ちるものの油分が少なくクレンジングの負担も少なくなります。
そして肌にトラブルがある人でも使えるように開発されたミネラルファンデーションというのもあります。
添加物や油分などが含まれていないので石鹸や洗顔料で落とせ、肌への負担を抑えることができます。

 

注意点はミネラル100%のものでなくてもミネラルファンデーションとして売られていることです。
出来るだけ肌への負担を減らしたいと考えるならきちんと確認して購入する必要があります。
後はファンデーションを使用する時の道具も大切です。

 

パフよりはブラシの方が肌への負担が少なくなります。
固いものやチクチクするものは避け、定期的に洗浄するなどお手入れも重要になってきます。
洗浄を怠ると細菌が繁殖しそれもまた肌への負担になるのです。

 

予備の道具を用意して交互に使うなどの方法も良いかもしれません。
このようにファンデーションは様々な種類、特徴がありますので自分の状況に合ったものを選ぶことが大切です。
また、敏感肌下地もこのように選ぶことが良いでしょう。